庭    草 花 5


ダリア 「ダリア」

 昔、庭や畑の隅によく植えられていたのを思い出す。最近はちょっと人気が落ち気味とか。この花にもいろいろ種類がある。ナポレオンの妃ジョゼフィーヌを夢中にさせた花だという。
リプラデニア 「ディプラデニア(ローズジャイアント)」

 近くのお宅で咲いていて,とても素敵な花なのでうちでもということで,購入しました。冬を家の中で無事越え,ようやくこの間から(7月1日)咲き始めました。今は二輪です。まだまだ咲きそうでうれしくなります。

ホウセンカ 「ホウセンカ」

 「鳳仙花」。原産はインドあたり。花が終わり、実から種になる時も楽しみ。ご承知のように、実が乾くとばちんと弾き、種が遠くに飛ぶのである。ちょっと触ると、自然に弾く前に弾ける。小さい頃の楽しかった思い出の一つ。

ジンチョウゲ 「ジンチョウゲ」

 「沈丁花」。芳香は春一番。原産地は中国で昔は根を薬用にしたという。中国名は「瑞香」。
 蕾からさあ咲こうという時に雪、でもこれも自然。写真もなかなかいい感じである。

カイザイク        「カイザイク」

 漢字で書くと「貝細工」。花びらが硬く、触ったりするとバリバリという感じである。子どものころよく育てた。

カイザイク 「バイカウツギ」

 朝日新聞「花おりおり」では、うつむき気味に咲く上品な花とあるが、わが家の庭のバイカウツギは結構大柄の花で、沢山の花が思い切り咲いて、派手という感じである。


庭の草花(1)へ 庭の草花 最初のページへ   トップページへ トップページへ  ページの案内へ ページの案内へ