山 行 き の 記 録 (6)
  
   *** 私の山行きメモから ***

<平成21年>

□ 平成21年1月1日 「 梨木峠から八王子山  」
 甲府盆地は、去年と同様、穏やかな天気で新年を迎えました。いつもよりちょっと足を伸ばし、千代田湖畔白帯那山を映す千代田湖山の山道を、初日と初日に輝く盆地の周りの山々を眺めながら、しばらくの時間歩いてきました。初歩きです。同じように初日を見ながら山道を歩いている人と挨拶を交わしながら、ゆっくり歩きました。初詣は、山頂の八王子神社になりました。元旦の朝、こうして歩くことができて、何か気持ちが明るくなり、勇気づけられるような感じでした。今年が、公私ともいい年でありますように祈りました。
 

【写真】普段は釣り客が大勢いて雑然としていて、あまり好きではない千代田湖です。でも、この写真に見るように時には素晴らしい景色になります。千代田湖に元旦の朝陽をあびた帯那山が見事に映っています。その向こうに上下帯那の集落、そして阿梨山。澄み切った早朝の空をバックに映えているのが帯那山です。私のホームグランドです。今年も帯那山そしてその周辺を、歩き巡りたいと思います。


□ 平成21年1月12日 「 梨木峠から八王子山そして湯村山へ  」
 梨木峠は、甲府の羽黒山宮から千代田湖帯那へ抜ける峠です。今は立派なアスファルトの道が麓から千代田湖に抜けています。
 その梨木峠から八王子山への登り口は、旧田富町のレクレーション施設があったところです。今は立ち入り禁止のロープが張られています。その脇を通って、元旦の初日の出を見に行ったと同じルートで山頂に向かいます。途中、甲府盆地の眺めが抜群です。天気がよいと南アルプス、御坂の山々、富士山など盆地を囲む山々も素晴らしいのですが、今日は靄にかすんでいて残念です。
 登り始めて20分で八王子山山頂です。八王子神社に参拝しました。今年もう元旦に続いて2度目になりました。尾根道を歩く
 さて、ここから先は、もうずいぶん前(20年ほど前かな)一度歩いたきりです。白山の続きで花崗岩の白い岩もあちこちにあり、白い道が続きます。先日降った雪もあちこちに残っていました。
 湯村山に向かって全体的には下っていますが、幾つかの上り下りがありました。ほとんどが尾根歩きです。いい山道が下っています。(写真下)右には八王子山が写真中のように木々の向こうに見えていました。
 湯村山から登ってくる人に会うようになりました。八王子山まで行くという人もいましたが、多くの人はウオーキングの延長で足を伸ばしたというような感じでした。
 八王子山から1時間で湯村山(446m)です。湯村山にはもう数え切れないほど登ってきています。城跡に残る井戸の跡を眺め、山頂を一巡りし、湯村乗越に戻ります。東に下ると緑ヶ丘のスポーツ公園ですが、今日は西方向湯村温泉郷に下りました。 


□ 平成21年2月15日 「 今日も山神峠を越えて  」
 何度目になるだろうか、御弟子集落の上、枯れ草が揺れる旧古関小学校折八分校跡のすぐ下を通る林道脇の広場に車をおかせてもらう。
 ここに来るまで林道には、大小の石が沢山ころがっていた。朝早くということもあり、走る車はほとんどなし。それでも沢の林道入口から入ってしばらくして、ゆっくり走っていた車を一台追い越した。林道は、ここからさらに先、八坂集落あたりからは冬季通行止めだ。
 この間と同じ様に分校跡脇の石段を上がり、石仏に手を合わせ、さらにその先の神社にも手を合わせ鳥居をくぐり峠道に入った。
 稲妻形に峠への路は登っていく。わずか15分ほどで山神峠だ。右尾根沿いに折門峠へ登る山道を見送り、そのまま峠を越えて折門へ向かう。前回は畑跡と墓地などがある場所へ出たが、今回は地形図などをしっかり見て、どちらかというとあちこちにある踏み跡を左側左側にとった。
 予想通り集落跡に行き着いた。上折門集落跡だ。前回行き着いた場所のすぐ左側、南側が集落跡だったのだ。本当にすぐそばだったのだ。今日は時間もあるので、しばらく集落跡を歩き回った。5〜6軒の家々、物置とか製粉所らしきところも・・・冬枯れの木々の間から溢れる陽が明るく辺りを照らし、それほど気持ちは暗くならないが、生活の跡が生々しくて胸が締め付けられる思いも・・・。
 上折門から下折門に向かう。径ははっきりしている。10分かからず下折門集落跡に着いた。やはり5〜6軒の家々があったようだ。廃屋の石垣の脇には水仙が沢山芽を出していた。もうすぐ人のいないこの場所で花を咲かせるのだろう。
 大岩の上に登り廃屋を見下ろし、写真を撮る。物置らしき小屋の中には脱穀機らしきものも・・・米は採れなかっただろうから麦か粟みたいなものをこいたのだろうか。動力は何だったのだろうか? 折門峠
 上折門に戻り、前回来たときに折門峠への径ではないかと思った径を、折門峠に向かって登り始めた。
その時、恐ろしいことが・・・
 上折門を後に折門峠に向けて出発しようとしたその時、30mばかり下の畑跡をドドーと一頭のイノシシが走り抜けていった。えー、この時期はイノシシは冬眠しているんじゃないのか〜。ああ、恐ろしや〜。そしてさらにその後を多分猟犬だろう、一頭の犬が吠え
ながらイノシシを追いかけていった。
 折門集落跡から折門峠への径は、はっきりしていた。しかし・・・落ち葉が一杯溜まっていて歩き難いことこのうえない。仕方なく、道脇の土手状のところを歩く。径を見失わないように林の中を歩いたり・・・。
 山神峠から直接尾根沿いに登って来る径と合流する辺りで一人の人が銃を持って座っていた。またまた恐ろしや・・・間違えて撃たれてはたまらない。以後携帯ラジオの音を一層大きくして歩いていくことにした。

 折門集落から40分ほどで、もう何度も来たことのある折門峠に到着した。この先大平山の東麓に旧の折門峠があるが、折門から歩いてみてやはりここが折門峠なのだろうと実感した。麓から登ってきてここが初めてほっと出来る場所なのだ。ここから先は下りだ。
 設置してあるベンチももう朽ちて座れる状態ではないほどだ。この先、栂の峠や大平山に設置してあったベンチも同様だった。しかし何となく周りとマッチしていてむしろ自然なのかなと思ったりもする。
 10分で栂の峠である。途中、先ほど記述した旧折門峠があり左芦川側に径が下っているのを確認できる。栂の峠の栂は甲府から毎日のように眺めているあの栂だ。私の峠歩きの原点のような気がする。
 その栂の峠から更に東に7分ほど・・・旧地蔵峠。前にも書いたことがあるが、南八坂方面から鬼ヶ窪芦川側に微かに径が越えているのが確認できた。今日は、その南に下る径を下ってみる。わずか3分ほどで例の四尾連湖から精進湖に抜けるハイキングコースに下り立った。前にこのハイキングコースを歩いた時に、ここが多分旧地蔵峠への登り口だろうと思ったところだ。間違いなかった。
 栂の峠へ戻り、更に折門峠を経て大平山に登る。富士山がきれいに見えていた。最初にこの大平山に登った時には、登り口にある富士山の眺めを絶賛している木看板の文章ももう少しはっきりしていてかなり文章が読めたようなな気がするが・・・
 大平山から折門峠を経て、尾根づたいに下り、山神峠を通り、御弟子の分校跡まで30分。あっという間に車まで戻った。


□ 平成21年4月18日 「 阿梨山(1102.4m)から帯那山(1375m)へ  」
 下帯那町の幸澗院を正面に見て進み、左に駐車場の中を通り過ごし、さらに道なりに寺の裏に廻り、墓地の上側に出るとちょっとした広場になって舗装道が終わる。入り口はよくわからないが、林の中に歩き入ると山道が上に登っている。すぐ道は見つかる。イノシシが掘り返した山道が尾根まで続いていた。
 30分ほどで、千代田小学校近くから登ってくる尾根(道)と合流、右、東方向に進む。阿梨山へまず向かう。尾根に出てから約30分で送電線の鉄塔下に行き着く。眺めはほとんどなかった。(空き地にはなっている。)
 残念なことに前回登ったときにはちゃんと確認できたのに、今回は阿梨山の三角点と山名表示板は見過ごしてしまった。(鉄塔から阿梨山らしきところまで20分)それまでは、ほとんど登りだったのに、登り下りが激しくなる。そして、10分も行かないうちに右下50〜60mのところにガードレール、舗装した道が見え、びっくりしてしまった。もしかしたら林道帯那山線?そこでは確かめるだけの余裕はなかった。
 帯那山へ向かう山道は、ほとんどはっきりしている。ほんの一部不明瞭なところもあるが、尾根をたどると山道がすぐ見つかる。途中何本か尾根を越えている道があった。脚気石神社近くから塔岩へ抜けるあの地形図の破線の道なのだろうか。(いつか確かめてみたい峠道だ。)
 昔の牧場(確か帯那山高原牧場とかいった。)の柵が現れたところ(阿梨山から45分)を柵沿いにさらに進むと古い壊れた林道となる。それをたどると、何度も歩いたことのある帯那山下からの林道となる。途中甲府市内からもよく見える電波塔へ抜ける林道と合流、歩き慣れた林道を帯那山に向かった。牧場の柵を見たところから30分で帯那山山頂に着いた。
 念願の、職場で毎日のように眺めている甲府北山阿梨山から帯那山に続く尾根を歩いた。満足満足・・・

<帯那山から上帯那へ 古い登山道を下る>

 古い道路地図を見ていたら帯那山南の三角点1347.4mに「見越山」と表示があった。先日歩いたルート上にあるのだがどこだったのだろうか。阿梨山の三角点も確認できなかったし、今回は三角点に関してはついていなかった。

 さて桜にはちょっと早かった帯那山山頂から下る。先ほどの車道を戻り、無線中継所へ行く広い道から、山道に入る。入り口には甲府積翠寺方面とあるが、上帯那という表示はなかった。そこから10分ほどで二つの石塔がある山道の分岐点。石塔の一つには、右やはた、左やまみちとあった。上帯那から登ってきて右は山道を辿って切差を通って八幡へ向かう道なのだ。上帯那から、遙か八幡へ抜ける道であることがわかる。
 帯那山から下ってきてまっすぐ行くと積翠寺、右へ下ると上帯那である。分岐にはやはり右へ上帯那へ下る表示はなかった。広い山道が右へ下っていた。しばらく進むと思いがけずコンクリートの道となる。ほとんど土に覆われ、コンクリートは見えないが、しかしコンクリートの舗装道が下っている。帯那山林道を二カ所で横切るが、山道は沢を直線的に下っていく。所々ある堰堤も、その脇をうまく山道は通り抜け下っていく。昔の道である。もしかしたらジープぐらいの車だったらこの道を上ったのかもしれないと思うぐらいの道である。
 これが、上帯那から帯那山に歩いて登った昔の登山道である。今はこの道を利用する人はあまりいないだろう。遙か昔学生時代、帯那山に登ったとき、この道を歩き登ったのだろうか。記憶がはっきりしない。
 崩れた石塔、石垣があるなと思うと、脚気石神社から登ってくるはっきりとしたコンクリート道に出る。そこがもう脚気石神社だ。


□ 平成21年5月5日 「 見越山(1347.4m)から帯那山を歩く  」
 帯那山を自分のホームグランドというならば、帯那山近辺を歩き、帯那山についてもっともっと詳しくならなければ思う。
 4月18日に、下帯那幸澗院裏から阿梨山(1102.4m)、旧帯那山牧場を経て帯那山に登ったときに、地形図にある三角点「見越山(1347.4m)」を確認できなかったことが大変気になってしょうがなかった。
 ネットで調べてみると、あるある、帯那山と併せて見越山を歩いたレポートがけっこうあるではないか。帯那山を自分のホームグランドと謳い、この山へ数え切れないほど登っているのになんということだ。
 帯那山の四阿がある草原下の旧牧場への車道を南に向かうと車止めのゲートがある。ゲート脇を通り過ごし50mも行くと車道と平行して左の林の中、芽吹きの木々の向こうに薄い踏み跡の山道が見つかった。繰り返すけれど、この車道は何度も何度も歩いているのだ。なのに林の中の道に気がつかなかったのはうかつだった。
 山道に入って5分もかからず、そこが見越山だった。クサボケの花の中に、三角点があった。振り返ると木々の向こうに帯那山、奥帯那山が見える。車道からわずかのところに見越山はあったのだ。
 そのまま踏み跡を辿り尾根づたいに進むと、右下にまた車道が見える。積翠寺甲府方面を示すあの表示板も見える。そしてすぐあの電波塔の建物の裏に出たのだ。この尾根はそのまま東に向かい太良峠方向に至るのだろう。しばらく進んだが踏み跡はわからなくなった。
 電波塔からしばらく来た山道を戻る。牧場の車道ができる前はきっとこの道が山道だったのだ。堀切の道は、しばらく行くと見越山三角点の手前で少し右へ向かうようになった。けっこう広い水平道が見越山の東面を巻くようにして進んでいた。(注*)10分もかからず、先ほどの車道ゲート手前50mほどのところに出て、車道へ合流した。
 思わず車道から、歩いて来た山道を振り返った。どうしてこの山道に気が付かなかったのだろうか。自分の浅はかさを思った。もっともっと勉強しなければ。
 何か車道を歩くのが惜しくなり、ゲート脇から車道ではなく左側の尾根づたいに帯那山に向かうことにした。ここでも新しい発見をした。コンクリート製の餌やり場などのある牧場跡の中を山道が上に登っているのだ。柵沿いに歩いたりして、バラ線、柵を越えて帯那山東屋そして山頂に着いた。


□ 平成21年5月5日 「 帯那山から標石のない標高点1381m峰を歩く  」
 去年7月、帯那山へアヤメの写真を撮りに行った時、樺峠から東方向へ緩い尾根を登って行くパーティーがあった。切差峠、八幡山方面に行くのかなと思っていたら、しばらくして戻ってきた。どうも奥帯那山に行こうとして間違ったらしい。教えてあげればよかったとその時思った。
 今回は、待望の見越山の三角点を見つけた後、天気報では午後になって雨というふうにいっていたけれど、まだ大丈夫そうなので、そのパーティーが向かっていった1381m峰(標石のない標高点)方向に足を伸ばしてみることにした。といってもそれほど特記することはないだろうと思いつつ・・・。
 山梨百名山の木標のある帯那山山頂から、まだ枯れ草原の中を樺峠に下る。ほんのわずか100mほどだ。今年はアヤメはどうだろうか。あまり咲かなくなってきているようだが、それでもまたその時期にはきっとアヤメの写真を撮りに私は来るのだろうな思いながら下った。枯れ草の中にクサボケが一つ咲いていた。山頂の桜はもう終わっていたが、樺峠には、遅い桜が咲いていた。何という種類なのだろうか。 クサボケ
 樺峠から1381m峰に向かう。樺峠からの入り口もあまりはっきりしていないし、山道もそれほど歩かれているようには感じられない。八幡山方面にこちらから下っていく人は少ないのだろうか。気をつけていないと踏み跡を見失ってしまいそうだ。
 でもまあわからなくなっても、水ヶ森林道に囲まれている場所だから大丈夫だと思いながら進む。かすかな踏み跡を追い、緩く登り、緩く下り、山頂から15分ほどで舗装された水ヶ森林道に降り立った。八幡山方面の山道が林道の向こうに植林地の中を下っていっている。切差峠、八幡山はまだ遙か遠くだ。
 先日脚気石神社上の林道を歩いた時にたくさん咲いていたタチツボスミレ(?)が、ここでも林道脇に咲いていた。
 水ヶ森林道、そして帯那山牧場跡へ向かう車道を歩いて、帯那山東麓登山口に戻る。20分ほど。
 ぼろぼろになっている2万5千分の1甲府北部の地形図に、また赤のマーカー線がわずかだが増えた。


□ 平成21年6月20日 「 塔岩峠? 天神峠  」
 6月20日(土)、脚気石神社から塔岩へ地形図破線を歩きました。結論的には、途中から道を逸してしまいました。残念!また、歩きやすい冬にでもなったら再チャレンジしようと思っています。

 朝7時15分、終点上帯那バス停を出発して、20分ほどで脚気石神社です。鳥居前に座らせてもらい、しばらく休憩です。
 帯那山林道は、右方向へ橋を渡って直角に曲がって行きます(ここが起点です。)が、破線の道は神社からまっすぐ上に登って行きます。100mも行かず、すぐ昔の帯那山への登山道を右に分けます。(先日私は帯那山からこの山道を下ってきました。)
 しばらくは林道歩きですが、地形図の破線の道とほとんど同じルートに林道を造ったように思えます。15分ほど登ると、右上急斜面の上に帯那山林道のガードレールが見えます。林道が一番西に寄るところです。更に進み、脚気石神社から20分ほどで林道は終わります。

 林道終点を沢はまっすぐ上に登っていきますが、わずかな踏み跡の山道は右方向の小沢を登っていきます。地形図の破線の通りです。掘り割りの山道が確かにジグザグに尾根まで続きます。昔の峠道でしょう。ほんの10分ほどで小さい乗っ越しです。沢を登っているときはなんか暗い感じですが、尾根に着くとだいぶ明るくなりました。向こう側ちょっと下には帯那山林道が見えます。ここから左方向に尾根を登って行くとやはり10分もかからず、阿梨山から帯那山への尾根の乗っ越しに着きます。8時40分でした。これが脚気石神社から塔岩側に越える峠です。(「塔岩峠」と呼べばいいのでしょうか。)

 峠を越えてしばらくは、はっきりとした山道が塔岩側に下っていきます。地形図の通りです。途中には山道の谷側に石垣が積んであり昔の峠道の面影が残ります。 赤いテープが木に捲いてありそれを辿っていったのですが、しばらくして道がわからなくなりました。間違えてしまいました。もう少し等高線に添う形で進めばよかったのに、道がわからなくなり不安になり、谷沿いに下ってしまったのです。
 後で地形図をよく見てみると、どうも塔岩へ下る谷の一つ手前、南側の谷を下ってしまったようです。砂防堤を3つばかり乗り越え、ほとんど道なき道を下り、降り着いたところは塔岩林道の塔岩から300mほど手前でした。それでも何とか林道へ降り立ちほっとしました。(以前、塔岩林道を歩いたときに途中から右方向上帯那側に登っていくコンクリート舗装の車道跡がありましたが、きっとこの沢の砂防堤の工事で使用した道ではないでしょうか。)
 何度も訪れた塔岩の集落跡へ向かいました。9時55分塔岩集落着。


 住んでいる人がいなくなった塔岩の集落跡を訪れるのは、何回目でしょうか。石垣が崩れていてそこまで行くのに難儀する古い神社にお参りをし、今回もまた天神峠に向かいます。

 前回、廃墟跡、廃道に生いている竹や木々に惑わされ、峠より大部上方の尾根に出てしまったので、今回はできるだけ左方向、尾根の下方向に斜めに登っていきました。竹や藪はすぐなくなり、登ること自体はそれほど難儀ではありませんでした。ところが、今度は天神峠より大部下の方の尾根に出てしまいました。尾根を6〜7分上方に戻り、天神峠にたどり着きました。
 峠から下るのには間違わないけれど(それほど苦労はしなかったけれど)、最初に塔岩を訪れた時に感じたように、塔岩集落跡から天神峠に登る道を見つけるのは難しい・・・という結論です。

 天神峠で一休みして、前々から考えていたのですが、天神峠から尾根沿いに下りダアス峠を目指すことにしました。しかし、結果的にはこれが間違っていたのです。やはり、地形図の通り、峠を竹日向側にいったん下り、竹日向側からダアス峠を目指すのがどうも本道のようです。実際歩いてみてわかったことです。

 尾根を下り、送電線の鉄塔を過ぎ、しばらく行ったところで、尾根が二手に分かれました。ダアス峠に近いだろうと思われた右方向の小尾根を進みます。しかし、ダアス峠をすぐ下に見下ろす眺めのよいところまで行って、それ以上進めなくなってしまったのです。花崗岩の岩が積み重なり、とても私の力ではここから下れないと判断したのです。もうすぐダアス峠なのに・・・。そこに見えているのに・・・。(峠道がここを通らないはずです。)
 しばらく戻り、左側の尾根を下ります。しかし、こちらの踏み跡は進むに従って消えてしまいました。急斜面を塔岩川側に降りることになりました。

 難儀をして、ようやく林道に降り着きました。かなり歩いたつもりなのに、林道の塔岩に大部近い所に降り立ったのです。
 林道を、ほっとしながらゆっくり歩き下り、平瀬入り口バス停へたどり着きました。

 あーあ、今日の峠越え、峠歩きは、二つとも失敗してしまったな〜・・・。
 でも、バス停はのどかな昼下がりでした。まもなく来たバスに、市の保養温泉に入りに行くという近くのご婦人とともに乗り込みました。



□ 平成21年6月27日 「 2009年帯那山(1375m)のアヤメ・・・  」
 水ヶ森林道帯那山直下駐車場(*−1)に車をおいて、10分もかからず帯那山山頂(1375m)である。昔の山梨県警の無線中継所、コンクリートの無粋な建築物(*−2)が休憩舎という意味合いもあるのだろう、残っている。アヤメ

(*−1)太良ヶ峠から車で10分ほどのところ。10台ぐらいは駐められそうだ。
(*−2)かって私の所属しているアマチュア無線クラブで、夜、無線運用の傍ら、ここでオーケストラの会員のコンサートが行われたという。本当に昔話だが、実際ビデオテープが残っている。)


 その建物の脇に山梨百名山帯那山の木標がある。木標の裏に続く山道を15分ほど進むと(*−3)奥帯那山(1422.3m)だ。三角点があり、本当の帯那山はそちらのようである。まあ木標があるところを帯那山としても別に不都合はない。(三角点マニアには不都合かな。)ずっと山頂らしい。

(*−3)途中、塔岩側の谷へ下る斜面には、獣道がいくつも下っていた。イノシシだろうか、シカだろうか、それとも・・・。そういえば、先ほど、車で水ヶ森林道へ入る前の帯那山林道の途中では、一匹のシカのお出迎えを受けたものな。

 帯那山のアヤメは、今(6月27日)が盛りだろう。群生というにはちょっと寂しい気がするが、しかし結構咲いている。櫛形山はほとんど咲いていないというから少しはいいのだろう。ススキ、カヤみたいな他の草に覆われ、その中でアヤメが咲いている。やはり写真を撮りに来ていた夫婦の奥さんが、「でもいい、いい・・・素敵、素敵!」といっていた。
 ここ一週間ぐらいが見頃のよう・・・来週の土日まで保つかな?
 アヤメが終わると、次はヤマオダマキなど山の夏の花々が咲き出す。

 今年も帯那山のアヤメに逢うことができた・・・写真を撮ることができた・・・よかった


□ 平成21年7月20日 「 湯の沢峠 大蔵高丸 破魔射場丸 」
【コースと時間】 湯の沢峠8:40−9:17大蔵高丸山頂9:30−9:55破魔射場丸10:40-11:50湯の沢峠破魔射場丸山頂

 夏の花咲く・・・湯の沢峠から大蔵高丸、ハマイバマルに、山の花を撮りに出かけてきました。
 前回、朝露でズボンがびっしょり濡れてしまったので、今回は最初からオーバーズボンをはいて出かけましたが、今回は必要ありませんでした。山道の両側の笹草を地元の人でしょうか、刈り払ってくれていたからです。感謝!感謝!

 花はちょっと早かったかもしれません。山の花爛漫はもう少し、2週間ぐらい先なのでしょうか・・・。いつもきれいに見える富士山も雲で見えませんでした。また、もう少し経ったら山と山の花の写真を撮りに来ようかなと思ったのでした。

 東京からバイクで湯の沢峠まで来て、登ってきたという青年と頂上で休みながら話をしました。母親が山が好きでその影響で山梨の山にも登るようになったとか、今日はこれからもう一つ笹子雁ヶ腹摺山に登るんだとか、地図を拡げ話していました。山好きの快活な青年に、好感を持ち、明るい気持ちで湯の沢峠に戻りました。


□ 平成21年8月17日 「 高川山 」
【コースと時間】 林道途中登山口7:30−女坂−8:40高川山山頂9:30−男坂−10:30林道登山

 国道20号線から初狩駅脇の狭い道路を進み、林道をしばらく行ったところに車4〜5台おける場高川山山頂所があり、そこへ車を駐める。すぐ左側が登山口だ。左に採石場への進入禁止の看板を見ながら登る。登りは女坂の方がなるいと思いそちらを登った。歩き始めて1時間10分で山頂。360度眺めはよかった。富士山もよく見えた。
 話題のワンちゃんがいた。とてもおとなしい犬だ。”峠の向こうへ”さんが歩いた大月町花咲方面に下ろうという気持ちもあったが結局、登ってきた道を戻ることにした。やや急な男坂を下り、1時間で車の所へ着いた。


□ 平成21年9月13日 「 帯那山 見越山  」
 帯那山の草原はススキが蔓延っていて道を歩くのも困難なほど。旧牧場への道もススキが道の真ん中にも蔓延っていて歩きにくい。秋の花々が咲き誇っている風景を予想していただけにがっかりであった。見越山(1347.4m)への山道も春に来たときに比べ歩きにくいところが多く眺めもよくなかった。
 花はわずかに、アザミ、フウロウ、オミナエシ、ハギ・・・


□ 平成21年9月21日 「 山梨百名山 雨乞岳(2036.8m) 」
【コースと時間】 ヴレッジ白州上登山口7:15−遊歩道−休憩(10分)−10:15雨乞岳山頂10:50−休憩(10分)−12:50登山口

  山梨百名山「雨乞岳」は、ガイドブックなどを見ると白州町のサントリー工場の近くにある登山口から入り、結構時間のかかる難しそうな山で、今までちょっと躊躇していたのだけれども、ホームページのレポートで違うルートがあ り、意外と短い時間で登ることができるということを知り、今回挑戦してみた。
 国道20号からの入り口(白州町下教来石下)は、ちょっとわかりにくかったけれども、よく見るとヴレッジ白州の標識もあり、その後は道標に従って進むとヴレッジ白州まで難なく 進めた。平久保池という池の脇にヴレッジ白州があった。
 ヴレッジ白州の2〜300m先に車が結構駐められる駐車場がありその先左側が登山口だ。しばらく遊歩道が続き、#3の標識を過ぎると登山道らしくなる。途中生い茂る背の低い笹で山道が不明瞭になるところもあったが、ほとんどの山道はよく踏まれており、順調に2時間50分で山頂に着いた。以前登った甘利山奥千頭星山のような感じを受けた。
 山頂では、雲が出ていて雲が切れた時、甲斐駒や前に登った日向山が見える程度だった。少々残念。下山は1時間50分で車へ戻った。
 帰りは、そのまま雨乞尾白川線を塩沢鉱泉に抜け5キロほどで国道20号に合流した。合流する地点は、長野県富士見町だ。


□ 平成21年11月21日 「 山梨百名山岩殿山 筑坂峠  」
 【コースと時間】 岩殿山駐車場8:45−ふれあいの館−9:35岩殿山山頂−本丸跡9:50−筑坂峠−11:10稚児落11:15−11:40浅利集落−12:20岩殿山駐車場

 二百年前も三百年前も、桂川の輝きは今と同じだっただろう。岩殿山山頂から見下ろすと、朝日に猿橋付近の桂川の川面がキラキラ輝き、眩しいほどだった。違うのは、中央道や中央線の線路、家並みなどが桂川に沿ってずっと東の方に伸びていること。山頂までずっと中央道を走る自動車の音が「ザーザー」と聞こえていた。岩殿山山頂
 駐車場から、山頂までほとんどコンクリート舗装、階段もあったりで稲妻形に登る道は、山道というよりも散策道という感じであった。途中、ふれあい館で筑坂峠のことを聞いた。管理人のおじさんは、「そうだな、峠の畑倉側は俺も草払いをしていて歩けるけることを知っているけれども、大月側はもしかしたら厳しいかもしれないね。」と話していた。
 岩殿山山頂から筑坂峠に下った。こちらは山道で程なく峠に着いた。おじさんが話していたのと違って、大月側にもはっきりとした山道が下っていた。地図を見ると大月側は下っても、きっと桂川の断崖ですんなり人里には降りれないかもしれない。今はきっと高月橋のたもとの駐車場あたりに抜けて行くのではないかと思った。
 兜岩、鎧岩の岩場は、短いけれどもちょっと気を引き締めないと危険だ。私は弱虫で林の中の道を選んだりして、稚児落しへ。稚児落しの断崖は、のぞきこむのも怖いぐらいで急いで通過した。「峠の向こうへ」さんは、ここからさらにトズラ峠金山峠方面へ向かったようだが、私は浅利集落に下ることにした。浅利集落へ下る道すがら、浅利小学校が見えていた。いつだったか、佐野峠を下っているときに上和田小学校が見えていたのと同じような感じだった。地元の学校として存続することを祈るのだが・・・。
 浅利の集落から、途中中央道を見上げながら橋脚脇を通り大月駅裏を経て駐車場へ、舗装の道を40分ほど歩いて、ああ疲れた。


 




  山行きの記録(7)へ 山行きの記録(7)へ       山行きの記録(1)へ 山行きの記録へ戻る      ページの案内へ ページの案内へ